がんの血管内治療

腫瘍を支える異常な血管だけを狙ってその血流を断ち、病気を立ち枯れさせる。
この治療が成功するかどうかで世界の明日が変わる。
ClinicaE.T. EAST 血管内治療

 がんの血管内治療とはいったいどんなもの?

がんのまわりには”腫瘍血管”と呼ばれる動脈と静脈が絡まった拍動するポンプのような異常血管が出来ています。
動脈と静脈の血圧の差は大きく、そのため血流が増えて血液がうっ帯するようになります。血管が増え、血流が増しているにも関わらず、血流が停滞し中心部は低酸素状態になります。
この低酸素ががんの源であるがん幹細胞の分化増殖の最も大きい要因になります。
低酸素により増殖にしたがん細胞はこのポンプのような血流から静脈例へ移動して循環し転移を起こすことになります。
そこで、動脈からカテーテルを患部近くの血管にすすめて異常増えた血流を減少するための薬剤注入して血流を正常化します。

低酸素の改善と共に幹細胞の増殖は止まり、転移のはじまりとなるPort(出入り口)も閉じていきます。
これががんの血管内治療です。
病巣そのものにピンポイントで薬を注入するので使用する薬剤はごく少量。血管のなかは神経がなく痛みを感じない
ので患者さんの負担も少なく治療できます。
しかも痛みや腫れは治療中に改善していくのでその場で効果を実感して頂けます。
がんは栄養を摂取するため近くの動脈から新生血管を引き寄せます。
足の付け根からカテーテルを挿入し、がんの新生血管に接近し、薬剤を投与します。
薬が効き、新生血管が閉じられる。がんは栄養補給路を断たれ、縮小し、やがて消滅する。これが血管内治療です。
左乳癌
(エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2受容体は全て陰性、KI 67 indexは80%と増加傾向が著しい)

 治療にはカテーテルを使用、痛みはありません

カテーテルは治療部位がどこにあっても足の付け根の大動脈から挿入します。特別な場合には、腕の動脈から入れることもあります。動脈のなかをカテーテルが動く際には痛みはなく、苦痛もありません。麻酔はカテーテルが入る部位の局部麻酔です。患者さんは治療中、モニターを見ながら、今、どんな経過をたどり、何が行なわれているかの説明を聞くことができます。お好みの音楽を聴きながら、世間話を交わしながら、といった大変リラックスした環境での治療です。重要な点は質問していただくことも可能なので、安心して治療を受けていただけます。
Clinica E.T.では、患者さんに“病気の血管が改善するプロセス”をわかりやすく理解していただくことを心がけています。
血管内治療では長さ1mほどの大小2つのカテーテルを組み合わせて使用。この2つのカテーテルをさらに細いガイドワイヤーが患部に導き、患部にピンポイントで薬を注入します。